知的資産経営ってなに?

「知的資産経営」とは、まだまだなじみの薄い言葉ではありますが、経済産業省が推進する新しい経営方策です。「知的資産」と呼ばれる企業の隠れた強みを活かし、経営改善や円滑な事業承継、業務拡大や融資獲得につなげていく経営手法のことです。

企業の隠れた強みとされる「知的資産」とは、企業が保有する無形資産のうち、競争力の源となりうるものの総称です。

具体的には、特許や商標などの知的財産権や、営業秘密やブランドなどの知的財産のほか、ノウハウやビジネスモデル、技術や営業力、伝統や信用、成長性や組織力、さらには取引先とのネットワークや経営理念など、あらゆる企業の強みを含みます。そしてこれらは企業の中に存在しているにも関わらず、当事者では気づきにくく多くの場合は隠れた価値となっています。

このような隠れた価値を見える化して、経営に活かすことができる点が「知的資産経営」の最大の魅力なのです。

知的資産経営を導入することは、今ある知的資産を掘り起こすことこそが最大の目的ですので、新たな投資などは必要ありません。それにも関わらず、企業の活性化、新規ビジネスモデル開発、優秀な人材採用、融資の獲得など、知的資産経営導入によるメリットは計り知れないのです。

行政書士と知的資産経営支援の関係とは?

行政書士は、中小企業がこの「知的資産経営」を導入する際の支援者として、サポートを行っています。

会社設立や許認可申請、契約書の作成や事業承継など、さまざまなシーンで中小企業様のお手伝いをさせていただいている行政書士だからこそ、企業に寄り添い、社長様でも気づかないような隠れた強みを引き出すお手伝いができるのです。

また、融資獲得や取引先拡大、社員教育や社内の意思統一など、さまざまな目的に合わせた知的資産開示のための「知的資産経営報告書」作成も行います。

会員から寄せられたについての記事